日めくり妊娠
妊娠発覚前から出産まで、毎日更新。 つわり、妊娠中トラブル、1人目・2人目妊娠の違いのブログ
第一子妊娠記録

【妊娠39週】一週間まとめ

妊娠39週0日 15回目の妊婦健診と、3回目の母親学級

ついに予定日一週間前の妊婦健診です。

今日は内診とエコーだけでした。
エコーで赤ちゃんは2701gまで成長してくれていました。

心拍は130くらいで元気とのことです。


内診をしてもらいました。

[st-kaiwa5]子宮口は変わらず1cmの開きですが、やわらかくなってきていて赤ちゃんも降りているので進んでいます。[/st-kaiwa5]

1cmなのは少しがっかりですが、歩きまくったおかげでやわらかくなってきているのかと思うと嬉しかったです。
そして超強めに内診ぐりぐりをされました。

卵膜剥離っていうそうです。

前回の教訓で、力を抜いたほうが痛くないことが分かったので、呼吸に注意してリラックスしました。

内診後椅子から降りたら、まさかのぼたぼた出血。

床に血痕がぽたぽたと落ちて引きました。

[st-kaiwa5]まこのままだともしかしたら予定日を過ぎるかもしれないですが、予定日を過ぎても悪いことはありません。正産期は41週6日までで、焦る必要はありません。ただ、40週6日になったら、促進剤を打って出産するかどうかの相談をしましょう。[/st-kaiwa5]

37週のときに予定日より早く生まれるかもと言われていたので、促進剤を打つかもしれないなんて考えていませんでした。
これは、予定日まではめちゃくちゃ歩きまわらねば。
[st-kaiwa1]トコちゃんベルトをつけた方がいいですか?[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa5]子宮と骨盤はセットになってるので、ぜひ骨盤ベルトはつけた方がいいです。[/st-kaiwa5]

というアドバイスだった。よし、トコべルつけてウォーキングだー!

妊婦健診のあと、3回目の母親学級に参加しました。

今日が最後で、旦那と一緒に参加する回でした。

おむつのつけ方や沐浴を教わったり、出産のビデオを見たり、旦那のお腹に重りをつけて妊婦体験させてもらったりと面白かったです。

出産直前に参加できたので、産後すぐに参考にできそうです。

旦那も心構えができたようでした。

母親学級は、出産直前に参加することをおすすめします!

(参考)2人目の場合

[st-card id=1455 label=” name=”]

妊娠39週1日 陣痛が起こる「ジンクス」をできる限り試してみた

明日は、個人的な理由で生まれてきてほしいと思っていた日です。
出産予定日がわかってから、いつもお腹に「26日に生まれてこようね」と話しかけていました。

なので今日は、陣痛が起こるといわれているジンクスをかたっぱしから試しました。

旦那が休みだったので、午後から一緒にウォーキングをしました。

全部で1時間以上歩いたと思います。

お昼ごはんは、「ウォーキング」の途中で「焼肉」を食べ、
帰ったら「オロナミンC」を飲み、
夜はデザートに、ケーキと一緒に「ラズベリーリーフティー」を飲みました。

明日陣痛がきたらいいな。
今日は特に予兆はありませんでした。

今まで通り、夜は軽い生理痛がちらほらありました。

(参考)2人目の場合

[st-card id=1457 label=” name=”]

妊娠39週2日 陣痛ジンクスを試したら本当に陣痛がきた

昨日の夜も、前駆陣痛であまりゆっくり眠れませんでした。

朝起きて、前駆陣痛があったことを旦那に伝えるか迷いました。
でも旦那が仕事中ソワソワしそうだし、陣痛がこなかったら本当の陣痛の時に信頼度が下がりそうなので、伝えませんでした。

旦那が出勤したあとトイレに行くと、まさかのおりもの多めの鮮血の出血がありました。

内診の出血とは違いそうです。
この後ずっと血の混じったおりものが続きました。
でも内診の影響の可能性も、、と半信半疑です。

午前中、3回ほど定期的な痛みがあったので、陣痛アプリで計測してみました。
でもすぐに遠のいてしまいました。

ジンクス直後だったので、まさかそんなうまくいかないよなと思いつつ、安産のためウォーキングにでかけました。

お昼ごはんは、最後の陣痛ジンクス、「カレー」を食べました。

その後、近所のカフェでジーナ式ネントレの本を読みながらお茶をしました。

スーパーで買い物をしたりして帰宅しました。

買い物中も、たまに陣痛っぽいものがきました。

家に帰って、夕食のハンバーグを作っていると、18時頃から定期的な陣痛が始まりました。

陣痛アプリをつけると、バラつきはあるものの6~7分間隔です。

陣痛と陣痛の間は元気なので、その間にハンバーグを作りました。

20時頃に旦那が帰ってきました。

[st-kaiwa1]陣痛がきたかも。[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2](かなり驚いて)病院に電話しよう。[/st-kaiwa2]

いつも大げさな私が、朝何も言わず仕事中メールもしなかったので、陣痛がきているとは思わなかったそうです。

しかも今日は、出産希望日当日。

ジンクスの翌日。

午前中に陣痛が一度遠のいたし、病院に連絡するのはまだ早い気がしたのですが、旦那が心配するので一旦産婦人科に電話しました。

[st-kaiwa1]朝、内診出血とは違いそうなおしるしがありました。 午前中に一度陣痛があったんですが、すぐ遠のきました。 夕食のあとから5〜10分おきの陣痛があって、痛みは強めの生理痛くらいです。[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa6]初産婦なので、あと2時間くらい様子を見られる?[/st-kaiwa6]

そこから2時間、遠のくことなく5分おきに陣痛。

2時間経って再度病院に連絡しました。

[st-kaiwa6]入院準備をしてきてください。[/st-kaiwa6]

旦那の運転で病院に向かいました。

マンションを出るときにも、安産のために階段で降りました。

途中で一度陣痛がきましたが、しゃがみながら休んで、陣痛がなくなったあと降りました。

陣痛と陣痛の間は元気なので、夜風が気持ちいいなーと思う余裕がありました。

23時頃に病院に到着しました。

病院に着いたころは4〜5分おきの陣痛で、陣痛中は歩けず話せません。

夜間なので院内には助産師さん2名しかいませんでした。

助産師さんに内診してもらうと、前回の妊婦健診のときと変わらず、子宮口は1cmしか開いていませんでした。

これはショックでした。

ただ子宮口は柔らかく、赤ちゃんも降りてきているらしいです。

陣痛機で40分ほど計測すると、

[st-kaiwa6]いい陣痛がきています。このままうまくいけば明け方には生まれます。[/st-kaiwa6]

そこから陣痛室に通されて、陣痛に耐えました。

陣痛室は相部屋で、カーテンを挟んでもう一人陣痛中の妊婦さんがいました。

荒い呼吸の間に吐いているうめき声が何度も聞こえて、旦那と目を見合わせて怯えていました。

(参考)2人目の場合

[st-card id=1461 label=” name=”]

妊娠39週3日 病院に着いてから9時間、生まれました

深夜2時、陣痛の間隔は3〜5分。
[st-kaiwa6]痛いと思うけど、今しか休めないから陣痛と陣痛の間にうとうとできれば寝てください。[/st-kaiwa6]

結構痛いけどまだ出産じゃないんだとへこみました。
うとうとしつつ耐えました。
今思うと、ソフロロジーの本の影響で、陣痛の痛みの間に深呼吸をしていたので、助産師さんに痛いことが伝わってなかった気がします。

4時、5時と、一時間おきくらいに助産師さんが様子を見に来てくれるのですが、まだ大丈夫そうねとNSTもせずに去っていきます。
いやいや痛いけど耐えてるんです!

6時ごろ、もう我慢できなくて助産師さんがきてくれたときに言いました。

[st-kaiwa1]もう痛いです。[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa6]うーんそれならNST見てみる?と言われる。結果、あら、結構いい陣痛きてるわね、陣痛室に行っちゃいましょうか。[/st-kaiwa6]

陣痛室に移り子宮口を見てもらいました。
下着を取ると生理1日目くらいの鮮血の出血が。

[st-kaiwa6]あらこの出血いいわよ。お産間近ね。お願い子宮口開いててー![/st-kaiwa6]

[st-kaiwa1](開いてなかったらもう無理!)[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa6]7〜8cmでいい感じなのでこのままお産に入りましょう。[/st-kaiwa6]

陣痛室でこのいきみたい陣痛を4度ほど耐えました。
ソフロロジーどころじゃなくなってきます。
その後、いきみたい陣痛を何度か耐えて、再度子宮口チェックすると、9cmとのこと。
この間多分15分くらい?
痛すぎて時間の感覚がわかりません。

[st-kaiwa6]まだ破水していないので、破水させますね。[/st-kaiwa6]

なんの感覚もなかったので、少し経ったあとに、破水は?と聞くと、したした!との返事。

どうやって破水したのかいまだに謎。自然に破水したのか?なんかで破水させた?

[st-kaiwa6]もういきんでもいいよ。二回深呼吸したあとに息を止めて力んで。[/st-kaiwa6]

このいきみのタイミングが難しかったです。

陣痛がきたら助産師さんに伝えてから深呼吸が始まるんだけど、痛みで朦朧としてて、回数を重ねるごとに陣痛がきてるのかはっきりわからないまま、来た、、と言っていていました。

途中から、陣痛と陣痛の間に深呼吸するよう言われ、酸素マスクがつけられました。
5回くらいいきんだあと、会陰切開。
麻酔のチクっという感覚(痛くない)の後、ちょきんという音がしたが、『左切ったな』くらいの印象で、痛くありませんでした。
その後更に5回くらいいきんだあと、吸引されました。
機械を用意しているようでしたが、もう陣痛の疲れでなにも感じませんでした。
その後いきんで吸引してもらうと、

[st-kaiwa6]赤ちゃんの頭が出てきました!もういきまないで![/st-kaiwa6]

やっと終わったと思って力が抜けました。
その後体が出たのですが、痛みはなくて、ああ体でたねっていう感覚でした。
その数秒後、ほぎゃあほぎゃあの声!びっくり!そして血と何かで汚れた我が子を胸に置いてもらいました。

時間は朝8時半。
第一印象は、顔がかわいい!でした。

妊娠後期から、エコーで全然顔を見せてくれなかったから、どんな顔してるか心配だったけど、美人!

その後、体重が測られ、拭かれました。

[st-kaiwa6]疲れただろうから授乳やめとく?[/st-kaiwa6]

完全母乳で育てたいという気持ちがあって、本で勉強したら、生まれた直後におっぱいをあげるのがすごく大切と書いてあったので、お願いして赤ちゃんを連れて来てもらい、おっぱいを吸わせました。

その後二時間くらい、旦那と赤ちゃんと三人で分娩台でまったりする時間がありました。

そんなこんなで、入院してから9時間の比較的順調な出産となりました。

顔を見ても、私のお腹の中にこの子がずっといたという実感はまだ持てませんでいした。

こんな幸せなことがあるんだと、信じられない気分でした。

その後分娩台を降りようとすると、尾てい骨に激痛が走りました。

入院する部屋まで歩くのだが、よろよろ歩き姿に、助産師さんにありゃーと言われました。

ひどい人は出産時に尾てい骨骨折する人もいるらしいです。

結果、尾てい骨が痛すぎて、助産師さん判断で今日は母子別室となりました。

 

(参考)2人目の場合

[st-card id=1464 label=” name=”]