日めくり妊娠
妊娠発覚前から出産まで、毎日更新。 つわり、妊娠中トラブル、1人目・2人目妊娠の違いのブログ
妊娠豆知識

【2018年10月調査】「ビタミンB6」と「葉酸」がつわりを軽くすると判明!

人生の中で一番しんどかったのは、1人目妊娠中のつわりでした。
長い間苦しみながら過ごしているのに、周りにはあまり理解してもらえなくて、なんにもできなくて、絶望していました。

私がつわり中にこの研究結果が出ていれば、間違いなくビタミンB6のサプリを飲んでいました。

被験者は平均29±5歳、在胎週数8±2週で、被験者の当該サプリメントの平均摂取率は97±5%であった。
吐き気は20名中14名で改善が認められ、摂取4日目と5日目に摂取前と比較して有意な改善が認められた。
食欲は5日目に改善傾向が認められた。
嘔吐回数は、摂取前から嘔吐のあった8名中5名で減少した。
食事回数には有意な変動は認められなかった。
また、試験中に有害事象は認められなかった。

妊娠初期における1日25mgのビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩30mg)と400μgの葉酸投与は、吐き気などのつわりの症状を軽減する有効な方法であると考えられる。


2018年10月22日プレスリリース ビタミンB6高配合の葉酸サプリメントのつわり軽減作用

25mgのビタミンB6と400μgの葉酸を飲めば、つわりが軽くなることが立証されたのです。

これらの量が一緒になったサプリは2018年10月現在ではありませんでした。
葉酸にビタミンB6が含まれているサプリは、ビタミンB6が1.5mg前後しか入っていないものがほとんどでした。
葉酸とビタミンB6を別々に飲まなければいけません。
妊娠中、別々のサプリを飲むときに注意しないといけないのが、栄養素の上限量を超えて摂取過多にならないようにすることです。

ビタミンB6の妊娠中の推奨量は1.4mg/日で、上限量は45mg/日です。
葉酸の妊娠中の推奨量は400μg/日で、上限量は1000μg/日です。

葉酸は、鉄やビタミンCなど、妊娠初期に大切な栄養や、葉酸を体内に取り込むために必要な栄養が入っているものを選んだほうがいいです。
過剰摂取にならないように、ビタミンB6しか入っていないサプリと、必要な栄養も入っている葉酸サプリを併せて飲むのがおすすめです。

この2つの組み合わせがおすすめです。

ビタミンB6
[amazonjs asin=”B008F5M15E” locale=”JP” title=”大塚製薬 ネイチャーメイドビタミンB6 80粒×2 907″]ビタミンB6しか栄養素が入っていないサプリです。
添加物は入っていますが、有害なものではありません。
1粒あたり20mgのビタミンB6が入っています。
パッケージには1日2錠目安と書かれていますが、ビタミンB6の一日の上限が45mgで、このサプリを2錠飲むと40mgなので、心配であれば1錠の20mg摂取にしておいてもいいと思います。
つわりに効くと立証されたのはビタミンB6は1日25mgです。
1日19円です。(1日1錠の場合)
葉酸


エーエフシーの葉酸サプリ
このエーエフシーの「mitene」葉酸サプリは、一日65円と、葉酸サプリでは安いです。
他の葉酸サプリは一日120円~200円が相場です。
安いのに、安全性が高くて成分も満足です。
この葉酸サプリにはビタミンB6が1.4mg含まれています。
でもネイチャーメイドのサプリを2錠飲んだとしても、41.4mgのビタミンB6なので、上限には届かないので問題ありません。

私がつわり中もビタミンB6がつわりに効くかもしれないという情報はあったので、ビタミンB6を含むドリンクを探してノンカフェインのチョコラBBスパークリングを飲んでいました。
でもチョコラBBにはビタミンB6は5mgしか含まれていませんでした。
飲むと少しスッキリしたような気もしましたが、吐き気が明らかに軽くなったという印象はありませんでした。

今つわりで苦しい人は、葉酸サプリとビタミンB6サプリを試してみる価値はあるかもしれません。